コンテンツへスキップ

友達・知人を勧誘しないでインターネットで集客する!

ベルセレージュ勧誘のコツは、まずはリスト作りです。

最初のリストは、より身近な人たちです。

アメリカでは、2000人のリストを作成するように言われているそうです。

2000人と言っても絶対に2000人でないといけないというわけではなく、

それくらい目標にするということです。

この身近なリスト2000人の中には、友達、親戚、先輩、、、から以前買い物した時の店員、

ジョギングですれ違った人、バス、電車でよく一緒になる人、などなど、、

顔が頭に浮かぶ人のことを言います。

勧誘のコツは、まず、このように多ければ多いほど良いとされるリスト作りになります。

日本でも、ベルセレージュ勧誘のコツは、まず、100人リストアップからなんて言われています。

そして、そのリストに人に親しい人から声をかけて、勧誘していくことになるのですが、

思いっきり断られ撃沈していくことでしょう。。。

でも、2000人のリストがあれば、いちいち落ち込まず、

また、無理やりな勧誘などもせず、さらっと流せるというわけです。

親しい人で、勧誘のコツを学びましょう。

親しい人たちで練習を重ねて、やがて、「冷たい市場」と呼ばれる人たちにアプローチする際に大きく役たつことになり、判断力を養うことになるのです。

ベルセレージュ勧誘のコツは、能力よりも、経験や、その時のさらっとした態度が重要だということです。

ベルセレージュが大嫌いという親戚や友人にいくらしつこくしても

全く意味がありません!

このような拒絶を受けた時は、その場では終わりにして、

また、6ヶ月以降に勧誘してみましょう。 人は、状況に応じて変化するのです、もしかしたら6ヶ月後には参加するかもしれないのです。。。

 

 

ベルセレージュ、口コミで勧誘するには2000人のリストが必要と書きました。

2000人も頭に顔が浮かぶ人、、、、いますか?

なかなか難しいですよね。

人脈が多い人は良いですが、なかなか普通の人なら100人のリストアップも難しいのが現実ですよね。。。

 

寝ている間に、インターネットでダウンを獲得する方法